2011年09月17日

平成22年度「国語に関する世論調査」の結果について

下記のサイトで文化庁が「国語に関する世論調査」の結果を発表しています。

国語に関する調査(文化庁)
資料はこちら(pdfです)


このような調査そのもののフィールドワークは苦手ですが、分析は是非ともやりたいですね。このレポートを書いた人が羨ましい……。そういう仕事がしたいところですねー。

「ら抜き」と「さ入れ」については意識しています。会話では無意識に使っていることもあるかもしれませんが、メールでは、注意している。「さ入れ」については過去記事『させていただくのプロトタイプ』で言及して以来、一応気にしています(分析はともかく……)。

ら抜きとさ入れについては、問題がありませんでしたが、元々のボキャブラリーがないせいか、意味の方は本来の使い方を知らないものもありました。その知らない語彙のひとつは「姑息」です。

本来の意味とされる(ア)「「一時しのぎ」という意味」と答えた人は2割に届かず,本来の意味ではない(イ)「「ひきょうな」という意味」と答えた人が7割を超えている。

とのことです。「ひきょうな」という意味だと思っていました。こちらの方が市民権を得つつあるのですが、なかなか興味深いです。

辞書によっては「ひきょうな」という意味も記述されていますね。Yahoo!辞書の大辞泉の項目には次のように書かれています。

◆近年、「その場だけの間に合わせ」であることから、「ひきょうなさま、正々堂々と取り組まないさま」の意で用いられることがある。
文化庁が発表した平成15年度「国語に関する世論調査」では、「姑息な手段」を、「一時しのぎ」の意味で使う人が12.5パーセント、「ひきょうな」の意味で使う人が69.8パーセントという結果が出ている。

三省堂の国語辞典にも記述があります(もちろん「あやまって」と表記されています)。

こういう意味拡張の研究は前々から興味を持っているのですが、腰を据えて取り組むことができませんね……。とりあえず、三省堂国語辞典で「あやまって」という項目に付箋でも貼ろうかと検討中です。

三省堂国語辞典 [単行本] / 見坊 豪紀, 金田一 春彦, 柴田 武, 金田一 京助, 市川...
三省堂国語辞典 [単行本] / 見坊 豪紀, 金田一 春彦, 柴田 武, 金田一 京助, 市川 孝 (編集); 三省堂 (刊)
タグ:辞書 意味
posted by unendedchaos at 10:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 辞書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月27日

日本語WordNet

日本語WordNetはフィードバックできるというのが素晴らしい試みですが、実際どのようなコメントが寄せられているのかはわかりません(泣)。承認制にしてコメントのやりとりが見られると、とても勉強になりそうですね。Synsetごとの掲示板みたいな感じで。さすがにそこまでオープンにはできないか……。

私も個人的にシソーラス(or オントロジー)を構築しようと、『日本語大シソーラス(大修館書店)』をデータベース化しましたが、ここのところ、すっかりお休みしています(泣)。趣味でやっているのでそこは仕方ない……。

WordNetは英語でも日本語でも分類が細かいです『日本語大シソーラス』も、このグループはさらに分類できるなーと思うところはあるのですが、それをひたすら行うのは並大抵のことではありません。実際、意味を正確に把握しないと、分類はできないので、辞書の定義がすぐわかるようにしてありますが、辞書の対応も機械的にはうまくいかない方が多い。よって手作業になりますね(私の場合)。

以前、「日本語大シソーラス+明鏡国語辞典=?!」という記事を書きましたが、日本語WordNetと対応が取れるようにしてみたいですね。その前に、その記事で書いたことをやった方がいいような気もするが、いろいろな辞書&シソーラスを見るというのも勉強になるから、手当たりしだいということになりそうです。研究としては絞るべきかもしれませんが、自由にやってみます。楽しんでやらないと、しんどい作業になりそうなので(笑)。

『明鏡国語辞典』といえば、改訂されるようですね(詳細は渾身の大改訂! 明鏡国語辞典 第二版参照)。

気になるけど、電子化されるのを待っていようかな。でも購入しちゃうかもしれない(笑)。

明鏡国語辞典 第二版 [単行本] / 北原保雄 (著); 大修館書店 (刊)
明鏡国語辞典 第二版 [単行本] / 北原保雄 (著); 大修館書店 (刊)
posted by unendedchaos at 22:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 辞書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月23日

新動詞「○○る」の調査 [日本語大シソーラス]

昨日のブログで、「○○る」といった動詞表現(○○はカタカナ)は固有名詞に多いかもしれないと書きましたが(そういえば、「ウィキ」は普通名詞とも固有名詞とも両方取れますね)、辞書を調べれば明らかなように普通名詞でも動詞化は起きていますね。固有名詞の動詞化を調べるのは手間がかかるので、まずは市販の辞書(今回は大修館の『日本語大シソーラス』)に登録されているものから……。

一応、分類をしたものの、これは言語学で受け入れられている分析ではありません。てきとーに分類するとしたらこんな感じでしょうか。

種類補足
アジる外来語短縮+「る」agitation
サボる外来語短縮+「る」sabotage
ステる外来語短縮+「る」sterben(死亡する)
タクる外来語短縮+「る」taxi(タクシーに乗る)
ダブる「る」の機能語化double
ドッペる「る」の機能語化doppelt(留年する)
トラブる「る」の機能語化trouble
バグる名詞+「る」bug
ハモる外来語短縮+「る」harmony
ポシャる外来語倒語+「る」chapeau
ミスる名詞+「る」miss
メモる名詞+「る」memo


知らない単語もちらほら……。こういう単語が定着するかどうかは言語を使う人にかかっているから、死語になっているものもあるでしょう。

「外来語短縮+「る」」の事例だけでなく、「名詞の+「る」の動詞化も興味深いところですね(「る」を付与するだけで動詞にできるなんて便利なものです(笑))。考えてみたら、ウィキペディアは固有名詞ですが、ウィキは普通名詞ですね(ウィキでウィキペディアという意味も一部では定着していますが)。固有名詞ではなく、普通名詞でも意外とあるものだなと思いました。

「ポシャる」なんて面白い俗語ですね。明鏡国語事典の定義を引用すると、以下のとおり。

〔俗〕計画などが途中でだめになる。「企画が―」◇「ぽしゃ」は「シャッポ」の倒語ともいう。【表記】「ポシャる」とも。

「シャッポを脱ぐ」なら「降参する」という意味で、主語は人(意思を持つもの)に限定されそうですが、「ポシャる」は自動詞で無生物に限定されそう。意味も全く同じという訳ではないので興味深いところです。

俗語辞典を見たらもっとたくさんあるでしょうが、あまり深入りはしないでおく(笑)。外来語由来は他にも結構ありそうですね。


正しい日本語のための厳選国語辞典セット2 USBメモリ版

正しい日本語のための厳選国語辞典セット2 USBメモリ版

  • 出版社/メーカー: ロゴヴィスタ
  • メディア: USB Memory Stick



タグ:辞書
posted by unendedchaos at 21:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 辞書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。