2012年04月30日

NHKのラジオ講座

NHKの語学講座を始めることにしました。実際、私のように仕事仕事と言い訳をしてしまう意志が弱い人間は学校に通う方が効果が高いのですが、こればかりは仕方がありません。気を取り直して頑張るしかありませんね。今年始めたのは『入門ビジネス英語』『実践ビジネス英語』です。「ビジネス英語」は「やさしいビジネス英語」が放送されていた頃、カセットテープを買って聴いていたのですが、続けないことには効果があまり出ていないよう……。その当時は効果があったかもしれませんが、ブランクで確実に英語力は落ちています(泣)。

『入門ビジネス英語』の講師からメッセージに“Let's kick things off!”というコメントがあり、「始めましょう!」って意味かなと思いつつ、Googleで調べてみたら、2012年度の講師である関谷先生のブログを発見(一流講演家の同時通訳者、関谷英里子の日誌)。いろいろ読んでいたらこんなことが書かれていました。

夜が朝になっていく様子って、私大好きなんです。

これは共感ですね。今年は初日の出を見に行きませんでしたが、だんだん明るくなるのはいいですね。

GWは特に予定もないので、日の出でも見に行こうかと。今年は初日の出を見に行かなかったので……。
posted by unendedchaos at 12:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 語学学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月13日

平成23年度日本語教育能力検定試験[試験日]

以前から興味が興味があった「日本語教育能力検定試験」ですが、情報処理技術者試験と試験日が重なっていたこともあって、受験したことがありませんでした。ですが、今年は試験日が重なっていないことに気づきました。

平成23年度日本語教育能力検定試験
 試験実施日:平成23年10月23日(日)

平成23年度情報処理技術者試験(秋期)
 試験実施日:平成23年10月16日(日)

とのこと。

言語学の知識は少しだけあるので、ちょっと受けてみようかなという気になっております。日本語の文法を体系的に学び直したいという気持ちがあるので、やってみようかと。今までの経験に関係した資格を取っておきたいなとも思っています(本来なら英検なんですが、結構難しい)。

例によって、この四半期も尋常ではないくらい仕事漬けになりそうで、勉強する時間があまりないかもしれないけど、少し調べてみようかと思います。

平成23年度日本語教育能力検定試験 合格するための本 [ムック] / アルク (刊)
平成23年度日本語教育能力検定試験 合格するための本 [ムック] / アルク (刊)

知識の貯金があるものから手をつけるのがよろしいかと……。今の職歴と学歴の関係から、日本語教育能力検定の資格を持っていてもおかしくはないし……。むしろ持っている方が望ましいのですが(笑)。
posted by unendedchaos at 23:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 語学学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月13日

英文翻訳術

ずいぶんまえに書いた「某翻訳トライアルを提出して」ですが、結果は不合格でした。副業で翻訳が出来たら最高なんですが、そんなに甘くはないですねー。

最近、通勤時に『英文翻訳術 (ちくま学芸文庫)』を読んでいます。


英文翻訳術 (ちくま学芸文庫)

英文翻訳術 (ちくま学芸文庫)

  • 作者: 安西 徹雄
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 1995/05
  • メディア: 文庫



例によって復習です。著者の安西教授のように自分の言葉で説明できるようになるのが目標。ですが、言うは易く行うは難しですね。

大学受験でも使えそうなテクニックもあります。例えば、無生物主語を副詞的に訳すとか所有格を主格や目的格として訳すとかですね。後者の方は一昔の生成文法ではお馴染みのXバー理論の考え方ですね。

大胆な翻訳なので、パラレルコーパスには向いていないかもしれませんが、Excelに入力してお勉強しています。大学(学部)のとき、「翻訳論」という講義を受けましたが、本書のような文法的なことはあまり話されていなかったかな。私が先生だったら、この翻訳英文法を授業でやりたいところです(もちろんこれは仮定法、私が先生なんて烏滸がましい話ですね笑)。

どれくらい本書に書かれてる手法を扱っているか調査してみるのも面白うですね。例えば、受動態(英語の受け身)の英文とその日本語訳を比較してみて。態を変換している翻訳(英文は受動態だけど、日本語では直訳ではなく能動態で訳す手法)はどれくらいあるのか。ジャンルによって違いはあるのか。このような調査もやってみたかったかも。

日本語のコーパスはいくつかあるものの、パラレルコーパスはあまりないですよね。翻訳学習者のためにもそのあたり力を入れて欲しいところです。現時点ではGoogleが一番力を入れているのかしら(?)。

一応、自分では朝日新聞の社説(英日)を比較してみようと計画はしていますが、まだまだですね。そういえばオバマ大統領の演説の翻訳も収集したけど、分析はしていなかったな(笑)。

とりあえず、うまくいかないことばかりですが、梅雨に負けず、頑張ってみますか。
タグ:翻訳
posted by unendedchaos at 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 語学学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。