2013年06月02日

図解思考を学び始めました

スライド技術向上のカギを握るのはずばり「図」だと思うので、「図解」について色々と調べてみました。永田豊志氏と久恒啓一氏のお二方が特に気になりました(他にも気になる方はいらっしゃるのですが、欲張らずにいきます。)。

お一人目の永田豊志氏は知的生産研究家、新規事業プロデューサー。ショーケース・ティービー取締役COOとのこと(Wikipedia)。

▼nagatameister.com▼
http://www.nagatameister.com/

▼誠 Biz_ID:筆者別記事一覧:永田豊志▼
http://bizmakoto.jp/bizid/writer_toyoshi_nagata.html

永田豊志氏の書いた記事はたくさんあって読み切れるかな。今の自分にとってどれも清聴の糧になりそうなものばかりのような気がします(記事タイトルを見る限り)。

続いてお二人目の久恒啓一氏は多摩大学経営情報学部長・大学院教授、宮城大学・吉林大学名誉教授、NPO法人知的生産の技術研究会理事長とのこと(Wikipedia)。

▼久恒啓一図解ウェブ▼
http://www.hisatune.net/index.html

講義のシラバスが参考になります。大学でこういう講義もあるんですね(自分の通っていた大学にもあったのかもしれませんが、その当時は興味なかったと思います)。こうなると、社会人になってから大学に行きたくなるな(定期的に言ってるような気もしますが……)

今回は『図解vs文章―ビジネスにはどちらが強い?どちらが役立つ? (ピンポイント選書)』というKindle書籍を購入してみました(永田豊志氏のKindle書籍も購入したかったのですが、読みたい本がKindle書籍化されていなかった……。ちなみに読みたかったのは、『頭がよくなる「図解思考」の技術』です)。結論としてはどちらも大事ということなのですが、そのときに最適な方法でアウトプットしたいですね。。

右脳を少し鍛えよう。いや、文章力ももっと向上させたいんですけどね……。

図解vs文章―ビジネスにはどちらが強い?どちらが役立つ? (ピンポイント選書)
図解vs文章―ビジネスにはどちらが強い?どちらが役立つ? (ピンポイント選書) [単行本] / 久恒 啓一, 樋口 裕一 (著); プレジデント社 (刊)
単行本: 113ページ
出版社: プレジデント社 (2008/11)
ISBN-10: 4833418916
ISBN-13: 978-4833418911
発売日: 2008/11


posted by unendedchaos at 10:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月06日

スライド作成に向けて参考になるサイト

ネットで参考になるサイトを探しました。

パワポでもここまでできる!米財務省から学べる美しい資料作りのポイント
http://d.hatena.ne.jp/stj064/20120401/p1

先日、読了した『外資系コンサルのスライド作成術―図解表現23のテクニック / 東洋経済新報社』の作成術を忠実に守っていますね。米国ならではの事例で参考になります。

伝わるデザイン|研究発表のユニバーサルデザイン
http://tsutawarudesign.web.fc2.com/

目的が研究発表なので、ビジネス用途と異なるところもあるかもしれませんが、事例も豊富かつ基本から丁寧で参考になります。

デザイナーなら読んでおきたい!デザインに関する6つのスライド・企画書
http://creive.me/archives/1967/

私自身デザインスキルはあまりないので、このサイトで勉強させていただきます。

以上、この3つ備忘録としてリンクを張っておきましょう。読んだだけでは身につかないので、近いうちにスライドを作成したいな(仕事以外のネタで)。連休中いくらでも時間があったのに、今日で連休が終わりという……。連休中にいったい自分は何をしていたのやら(苦笑)。

外資系コンサルのスライド作成術―図解表現23のテクニック [単行本(ソフトカバー)] / 山口 周 (著); 東洋経済新報社 (刊)
外資系コンサルのスライド作成術―図解表現23のテクニック [単行本(ソフトカバー)] / 山口 周 (著); 東洋経済新報社 (刊)
posted by unendedchaos at 08:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月29日

GWは統計学に触れようと思ったら別の方向へ

統計学の勉強をしていたら、今度は統計情報をどのようなグラフで示すのがよいのだろうか、と悩んでしまいました。さらに、プレゼンのスライドも気になってしまいました。いろいろとネットで調べていたら、あっという間に日が暮れてしまった……。

うーん、最近読んだビジネス書にやり方に従うと、これはよろしくないですね。一つのことに集中するのが大事なので。ただ、よくよく考えてみると、直近で必要になりそうなのは、スライド作成技術かな。今現在は自己流なので、セオリーというものがあるのなら、身につけておきたいところです。統計学は切羽詰まっていないので、GWの勉強計画は方向転換しよう。
posted by unendedchaos at 22:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。