2013年12月31日

2013年を振り返って

あっという間に大晦日……。やり残したことはたくさんありますが、2013年を振り返ってみます。

1.運動(ジョギング or ウォーキングをする)

ジョギングはできなかったけど、ウォーキングは週末を中心に結構できました。ただ、ご近所ばかりだったので、この次は遠出をしたいですね。

2.お勉強(「翻訳学」「医療分野の何かを勉強する)

うーん、これはどうかなー。あんまりできなかったかな。図書館に通い続けて、本は見ましたが(読んだのではなく、斜め読みしただけ)、何かしら成果物を出すところもまでもっていきたかった……。実際に学校に通うことになったら(通信でも)、大変そうだ……。いつやるか?今でしょのごとく、もうちょっと行動力を磨かなければ……。

3.仕事(プロジェクトマネジメントを意識する)

これはできていたかな。もちろん詳細はここでは書けないが、自分としては合格点を与えてもいいと思う。私を知る人から見たら、甘いと言われそうですが(笑)。

と、こんな感じですね。

あと、今年に入って劇的に変わったのは通勤時の読書ですね。Kindle購入後は毎日持ち歩いて何かしら読んでいました。ほんとはその読書日記でもすればよかったのですが、そこまでは難しいようで……。

どうぞよいお年をお迎えください。
posted by unendedchaos at 19:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月31日

この夏は何をやっていたのだろうか [2013年]

いったい何をしていたのかっていうぐらい時間が経つのが早すぎます……。何をってもちろん仕事はしていましたが、その他は何も捗らずですね。仕事に役立ちそうな知識習得もあまりできなかったし……。いろいろと反省点が残ります。

とりあえず部屋の片付けをして気分転換をしよう……。
posted by unendedchaos at 22:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月23日

ストップウォッチ

1分で大切なことを伝える技術 (PHP新書)』という本に次のように書かれていたので、ストップウォッチを購入しました。

ストップウォッチを使えば、仕事は確実に速くなる。目の前で時間の経過がわかると、事前と使い方の密度が濃くなる。問題を解くスピードも上がる。いわゆる「百ます計算」はその典型だ。時間を計るからこそモチベーションが上がり、時間を短縮する会館を核とした学習回路が仕上がるのである。


さらに齋藤先生はこんなことも話されています。

勉強やビジネスは、基本的には効率を追求するものである。だから逆に言えば,そういう場でストップウォッチを机の上に出していないこと自体、むしろ私には信じがたい。あらゆる企業の全社員が、ストップウォッチの常時活用を常識化させてほしいとさえ思っている。


私も長々と話してしまうことがあるので,ストップウォッチで時間感覚を磨きましょうか.

1分で大切なことを伝える技術 (PHP新書)1分で大切なことを伝える技術 (PHP新書) [新書] / 齋藤 孝 (著); PHP研究所 (刊)

新書: 209ページ
出版社: PHP研究所 (2009/1/16)
ISBN-10: 4569704328
ISBN-13: 978-4569704326
発売日: 2009/1/16
posted by unendedchaos at 22:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。