2012年08月11日

機械翻訳ソフト

お世間ではお盆休みですが、今年はほとんど出社となってしました。勉強したいことがたくさんあるのに……です。

最近、『アプリケーションソフトの基礎 (講座ITと日本語研究)』(公式はこちら)を読んでいたのですが、5章のうち1章は「機械翻訳ソフト」ついて書かれております。目次は以下のとおりです。

第5章 機械翻訳ソフト
 1. はじめに
  1.1 調査の概要
  1.2 機械翻訳ソフトの性質
  1.3 句読法と機械翻訳の精度
  1.4 文字の表記
  1.5 固有名詞
  1.6 言語間の形態面での対応のずれ
  1.7 言語間での形態面に対応する要素を見られる意味的なずれ
 2. 機械翻訳の実際
  2.1 英語
   2.1.1 英語から日本語への翻訳
   2.1.2 日本語から英語への翻訳
  2.2 韓国語
   2.2.1 韓国語から日本語への翻訳
   2.2.2 日本語から韓国語への翻訳
  2.3 中国語
   2.3.1 中国語から日本語への翻訳
   2.3.2 日本語から中国への翻訳
 3. 結び


著者は翻訳サイトで利用できる機械翻訳を検証しております。取り上げた機械翻訳システムはA社、B社、C社となっており、どこの会社のだろう?と思いましたが、よく読んでみると、A社はGoogleでしょうね。B社とC社が、どちらかがクロスランゲージ社だと思いますが、このあたりはちょっとわかりません。

どこの機械翻訳システムなのか明らかでなくても、個人的には問題はありませんね。というのも、自分の関心は機械翻訳の結果を分析であり、利用目的ではありません(全く利用しないわけではないのですが)。この本に書かれている観点でチェックしてみるのも必要なことかもしれませんね。

この章の最後に次のことを議論しています。

機械翻訳は完璧ではなく、誤訳を生み出す。そのようなものを日本語研究・日本語教育に生かすにはどうすればいいだろうか。
―― p.230


どちらも誤訳から自分が気がつかないことを発見し、それを手掛かりに研究や教育に役立てることは可能という主旨です。個人的には誤訳ではない訳文も認知言語学でよく言われる「捉え方の違い」にも着目して分析をしてみたいところですね。機械翻訳システムの違いで、その違いがでるのは怪しいのですが、人間による翻訳と機械翻訳を比較して何か整理したいなと思っています。

週末研究ではなく、機械翻訳を開発している会社に潜り込めればいいのですが、難しい希望ですね(苦笑)。もっとも技術的な貢献はできそうにもないので、転職するのは無理そうですが……。



posted by unendedchaos at 10:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 翻訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月01日

翻訳学を学べる大学院とは

翻訳学に興味がある興味があると言っておきながら、何も着手していませんでした(泣)。とりあえず、大学院のシラバスを眺めていました。ざっと見たところ、「翻訳学」が盛んなのは立教大学大学院異文化コミュニケーション研究科異文化コミュニケーション専攻のようですね。

翻訳学入門』はほとんどが立教大学の関係者による翻訳ですから、納得のいくところです。

以下、2012年度の立教大学のシラバスから自分が興味を持った講義です(異文化コミュニケーション学科専攻は科目履修を受け入れていないので受講はできないのですが……)。

通訳翻訳文化論
通訳翻訳演習1
RW(通訳翻訳コミュニケーション1)
RW(通訳翻訳コミュニケーション2)
RW基礎理論(通訳翻訳コミュニケーション)

昼夜開講で社会人でもいけるというのも惹かれます。自分の通勤経路にある大学院だったら言うことなしだったのですが(笑)。

社会人が学べる大学院として、昼夜開講制による授業を行っており、平日夜間、土曜昼間に開講数を多くするほか、夏期(8・9月)の休業期間を利用した集中講義も実施します。


とはいっても今の自分の語学力では合格は難しかもしれませんね(泣)。社会人入試の場合は、筆記試験はないそうですが、それはそれで難しそうです。学歴としては英語学専攻だったから、全くの異分野ではないのはいいとして、職歴はどちらかという言語処理(の雑用で決して研究ではない)だからな……。

最近、Introducing Translation Studies: Theories and Applicationsを購入したので、訳本を参考にしつつ、独学で勉強しようと計画中です(といっても訳本は第2版ですが)。


posted by unendedchaos at 10:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 翻訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月28日

e翻訳スクエア

ネットで情報収集をしていたところ、e翻訳スクエアというサイトを見つけました(翻訳学校サン・フレア アカデミーの運営のようです)。

プロの翻訳者を目指して学習中のみなさまに役立つ情報をお届けするサイトです。翻訳の現場からのエッセイやブログ、翻訳道場、海外便り、TQE(翻訳検定試験)合格者インタビューなどもお届けしていきます。
コラムや翻訳道場の閲覧は無料です。

翻訳道場の課題に応募する場合には有料会員登録が必要です。会費は、6ヶ月で5000円です。ひとつの道場のみならず、開講中のすべての道場に参加できます。


興味深いコンテンツがばかりですが、その中でも特に気になったのが「翻訳道場」です。このコーナーは会員になれば、応募できます。今の私はやることが山積みですが、ちょっと気になっています。実際に応募して点数をつけてくれるのはもちろんいいのですが、過去のデータも公開されているのが嬉しいところです。私の場合、対訳コーパスを作成するという目標もあるし、翻訳の勉強をするという目標もあるし、ちょうどよいかと。また、会員でなくても応募された方(複数)の訳と先生のコメントも見ることができます。なんてありがたいサイトなんだ(嬉)。

「翻訳道場」に挑戦するかどうするかは少し考えてみます。1ヵ月1000円なら試しにやってみるのもいいかな……。
タグ:翻訳
posted by unendedchaos at 11:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 翻訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。