2013年06月21日

機械翻訳文献リスト

機械翻訳についてざっくり知りたいと思い、手元にある文献を片っ端から読む予定です(正確には再読となるのですが、記憶に残っていないな……)。機械翻訳は応用研究なので、言語学畑の自分にとってはさっぱりな所もあるのですが、専門外の立場から熟読したい。



最近のトレンドは統計的機械翻訳とのことですね。上記のリストには入れていないが、『言語と情報科学 (シリーズ朝倉「言語の可能性」)』にはこんなことが書かれていました。

コーパスが大規模であれば言語モデルの性能も上がるのは自然な結論であり,実際,Google翻訳では,5-gramまでの言語モデルを用いて,統計的機械翻訳の精度を大きく改善させたという報告がある.


ここで言われている「Googleの報告」のソースは確認していないが、質のいい対訳コーパスがあれば、さらに精度は向上しそうですね。ですが、言語学畑の自分としてはルールベース機械翻訳も捨てがたい……。機械翻訳では扱いにくいものを対象を切り口にしてみようかな。

「翻訳学」をテーマとして、機械翻訳について何かしらアウトプットしたいところです。

言語と情報科学 (シリーズ朝倉「言語の可能性」)
言語と情報科学 (シリーズ朝倉「言語の可能性」) [単行本] / 中島平三 (監修); 松本裕治 (編集); 朝倉書店 (刊)

単行本: 216ページ
出版社: 朝倉書店 (2011/7/11)
言語 日本語
ISBN-10: 4254515669
ISBN-13: 978-4254515664
発売日: 2011/7/11
タグ:翻訳
posted by unendedchaos at 21:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 言語処理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。