2013年05月25日

パワポで極めるフレームワーク ロジカルに落とすプレゼン資料作成の秘訣 [読了]

読んだだけでマスターできるでしたら、苦労はしないのですが、まずは基本を知ることからというわけで、『パワポで極めるフレームワーク ロジカルに落とすプレゼン資料作成の秘訣 (ビジネス極意シリーズ)』という本で勉強することにしました。思い返すとプレゼン資料(スライド資料)の作り方って体系的に勉強していませんね。実際、今の職場では、教える側でも教わる側でもどちらでもないので、例によって独学で進めます。

フレームワークの枠組みだけを学んでも、具体的な図形や形として作画された実例を見たことがなければ、真似をしようにも真似できないというものです。プロのコンサルタントが実際の仕事でクライアンとに提出した報告書をそのままお見せすることができれば最良ですが、それが難しい以上、できるだけそれに似た実例を示すことができないか?もしそれができれば、コンサルタントのプロの技を皆さんも盗むことができるのでは?と考えました。

確かに、一番効果的なのは、よいプレゼン資料を見ることだと思います。お手本になる資料が手短にあればいいのですが……、というところで本書の出番ですね。職場ではパワーポイントを使っているので、この本はちょうどよいですね。パワーポイントの使い方もついでに復習しておきたいところです(適当に使っても大きな問題はないのですが……)。

そのため、本書に収録スライドは、次のことを意識してあります。
・コンサルタントの報告書のページからそのまま抜き出したきたような臨場感
・プロのレベルで作り込まれたクオリティのもの
・分析やグラフも例示や枠組みだけではなく、実際には報告書ではこう書く、こう作り込む、というものがわかるもの
・数値、グラフ、マトリクスなども丸めたりこまかさずプロが使っているレベル


外資系コンサルのスライド作成術―図解表現23のテクニック / 東洋経済新報社』(2013年05月05日のブログ)は、とても勉強になったのですが、グラフ表現に特化したものであり、応用編に相当しそうです(共通しているところも結構ありますが、グラフに関しては「外資系コンサルのスライド作成術」の方が詳しいかな)。今回は、イシューツリーWhyツリーピラミッドストラクチャーなどのストラクチャーズや、PPMマトリクスアンゾフのマトリクスなどマトリクス図などが採り上げられており、このあたりから真似してみようと思います。

イシューツリーとかロジカルツリーとか、この手の話については別の本でお勉強ですね。ロジックの構成については意識しているので、いかにわかりやすく相手に伝えるかにところが最近の課題です(ロジカルシンキングもまだまだですけど……)。

パワポで極めるフレームワーク ロジカルに落とすプレゼン資料作成の秘訣 (ビジネス極意シリーズ)
パワポで極めるフレームワーク ロジカルに落とすプレゼン資料作成の秘訣 (ビジネス極意シリーズ) [単行本(ソフトカバー)] / 大石哲之 (著); アスキー・メディアワークス (刊)単行本(ソフトカバー): 224ページ
出版社: アスキー・メディアワークス (2011/11/3)
ISBN-10: 4048689568
ISBN-13: 978-4048689564
発売日: 2011/11/3



posted by unendedchaos at 19:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。