2013年05月18日

スライドデザイン スタイルブック [読了]

ここのところ、スライド作成技術習得に集中しています。

 スライド作成に向けて参考になるサイト(2013年05月06日のブログ)
 外資系コンサルのスライド作成術 [読了](2013年05月05日のブログ)

今回はデザインの勉強として、『スライドデザイン スタイルブック 速プレ流 ビジュアルプレゼンの極意』を読みました。絵心のある方(それもプロの方)は全然違うなー。私自身はまずはプレゼンの構成(ピラミッド構造)を第一に考え、基本は箇条書きで書くことが多いのですが、最近は箇条書きからフロー図(Flow Diagram)を意識的に使っています。ところがこの本によると、フロー図には欠点があると書かれております。

箇条書き型より整理されて見やすいため、とくに上級者はこうしたフロー図(Flow Diagram)を多用し、実際にスタンダードとなっています。ただし、この表現法は追って説明しますが、ワンパターンに陥りやすいため、使いすぎると陳腐な印象を与えるという欠点があります。
―― 『スライドデザイン スタイルブック』 (p.4)

そこで、本書のスライドデザインの出番というわけです。私自身はそんなに凝ったスライドを作成する必要はないのですが、たまにはそういうスライドも描いてみたいなと思い、勉強してみようかなと手を出したわけですね。

その中で即効性のありそうなのは、「箇条書き項目は3を基本に2や4で列挙し、図解しやすいよう配置を工夫する」ですね。プレゼン資料を作成する際には、箇条書きで下書き(アイディア出し)をしますので、これは意識してやれば、見せるスライドを作成できそうです。本書では、「イメージ先行で作図」とありますので、いくつか引き出しを用意しておきたいところです。特に、「2の要素のまとめ方」・「3の要素のまとめ方」・「4の要素のまとめ方」は、わかりやすいと思います。

例えば、「2の要素のまとめ方」なら、「2は1を分類したもっともシンプルな数で対比、対象、比較などの意味がある」とか、「3の要素のまとめ方」なら、「スライドは横幅の方が長いので3つの要素は左右に並置するのが基本」とか、「4の要素のまとめ方」なら、「4つの項目では「田」の形のように図形を上下左右に配置するのが基本」とかですね。

ただの箇条書きで示すよりも、絵的な要素を取り入れた方がきれいですね。まずは真似て学びますか。

スライドデザイン スタイルブック 速プレ流 ビジュアルプレゼンの極意
スライドデザイン スタイルブック 速プレ流 ビジュアルプレゼンの極意 [単行本(ソフトカバー)] / 竹島 愼一郎 (著); アスキー・メディアワークス (刊)

単行本(ソフトカバー): 224ページ
出版社: アスキー・メディアワークス (2011/7/28)
ISBN-10: 4048703587
ISBN-13: 978-4048703581
発売日: 2011/7/28


posted by unendedchaos at 14:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。