2013年03月31日

まずはこれから!医薬翻訳者のための英語

医療の勉強をしようと何度か書いているが、『まずはこれから!医薬翻訳者のための英語 [単行本(ソフトカバー)] / 森口 理恵 (著); ...』という本にある用語は押さえておこう。医薬翻訳そのものの勉強はもうちょっと後でもいいかな。

第1章 薬の投与に関する表現
第2章 薬理学の基本表現
第3章 抗生物質・感染症に関する表現
第4章 遺伝子に関する表現
第5章 免疫に関する表現
第6章 動物実験に関する用語
第7章 臨床試験に関する用語
第8章 統計解析の用語
第9章 検査の表現
第10章 製薬業界の表現
第11章 医療に関する用語


「医薬翻訳とはどんな仕事か(pp.224-225)」で、副作用に関する記事がほんの少し書かれております。

厚生労働省への提出が求められる副作用報告の場合は、当局への提出期限が決まっているので(副作用の無いようによって7日報告と14日報告の2種類)、迅速な対応が求められます。

これだけなのですが、実際にどれぐらい需要があるのかな。副作用については、独立行政法人医薬品医療機器総合機構PMDA)のサイトでも調べてみようと思います。

今年も3ヵ月経ってしまい、なんか仕事だけで終わってしまった……。Kindle効果でビジネス書籍を何冊か読むことができ、実践できそうなところは試してみて、効果がありそうなことがわかったことだけでも、よしとしましょう。でも、これからの計画の立て直しはしておくかな。

まずはこれから!医薬翻訳者のための英語 [単行本(ソフトカバー)] / 森口 理恵 (著); ...
まずはこれから!医薬翻訳者のための英語 [単行本(ソフトカバー)] / 森口 理恵 (著); イカロス出版 (刊)
posted by unendedchaos at 22:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 翻訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/353473297
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。