2013年03月30日

複合動詞レキシコン [国研データベース開発版公開]

国立国語研究所より、データベース「複合動詞レキシコン」開発版が公開されました。

複合動詞レキシコン
http://vvlexicon.ninjal.ac.jp/

統語的複合動詞と語彙的複合動詞の複合動詞の区別は,影山太郎著『文法と語形成』(ひつじ書房,1993年)で述べられたもので,本データベースでは語彙的複合動詞のみを収録し,統語的複合動詞は除外してあります。


統語的複合動詞は生産性が高いので(登録するとなると膨大になるので)、語彙的複合動詞のみ収録のようですね。この統語的複合動詞については、「統語的複合動詞と語彙的複合動詞の区別」に詳しく説明されております。簡単にいうと、右側の動詞(V2)が左側の動詞(V1)が意味する動作を補文として機能するものです。ここで言う補文とは「V1すること{が/を}V2する」という意味関係になるものです。

この補文関係ということだけに着目すると、語彙的複合動詞統語的複合動詞の両方の事例が出てきてしまいますが……。例えば、語彙的複合動詞である「聞き逃す」なら「聞くことを逃す」といえますが、「逃す」というのはどんな動詞でも右側に来て良いものではありません(「話し逃す」なんて言葉は使われておりませんし、仮に使われていたとしてもまだ定着しているとは言えません)。一方、統語的複合動詞である「聞き続ける」なら「聞くことを続ける」といえますし、「話し続ける」なら「話すことを続ける」とも言えます。意味的に可能な組み合わせなら、問題ないと言われています。

このデータベースは特色は語構造の分類だと思います。

従来の辞書やデータベースになかった新しい特色は,複合動詞の語構造を表示していることです。これは,2つの動詞の連続体を,前項動詞(V1)と後項動詞(V2)の意味関係や後項動詞(V2)の意味機能に基づいて表示したものです。しかしながら,語構造の考え方は作成者(影山)の言語学的分析が背景になっているので,まだ証明された定説ではありません。ひとつの案として,今後の研究のために利用していただければ幸いです


意味分類されております(判定が悩ましいものもありそうですね)。計量的な研究もやりやすい時代になったので、計量的な観点から見直してみると新たな発見があるかもしれませんね。例えば、いま流行りのTwitterでも、どのような複合動詞が用いられるのかとか、あえて複合動詞を選ばなくても表現できるとか、複合動詞ではないと表現しにくいものがあるとか、いろいろ分析ができそうです。私自身はそういう研究をやる余裕がないのですが……。

文法と語形成 (日本語研究叢書 (第2期第4巻)) [単行本] / 影山 太郎 (著); ひつ...
文法と語形成 (日本語研究叢書 (第2期第4巻)) [単行本] / 影山 太郎 (著); ひつじ書房 (刊)

posted by unendedchaos at 13:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 言語学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/353310190
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。