2011年09月17日

平成22年度「国語に関する世論調査」の結果について

下記のサイトで文化庁が「国語に関する世論調査」の結果を発表しています。

国語に関する調査(文化庁)
資料はこちら(pdfです)


このような調査そのもののフィールドワークは苦手ですが、分析は是非ともやりたいですね。このレポートを書いた人が羨ましい……。そういう仕事がしたいところですねー。

「ら抜き」と「さ入れ」については意識しています。会話では無意識に使っていることもあるかもしれませんが、メールでは、注意している。「さ入れ」については過去記事『させていただくのプロトタイプ』で言及して以来、一応気にしています(分析はともかく……)。

ら抜きとさ入れについては、問題がありませんでしたが、元々のボキャブラリーがないせいか、意味の方は本来の使い方を知らないものもありました。その知らない語彙のひとつは「姑息」です。

本来の意味とされる(ア)「「一時しのぎ」という意味」と答えた人は2割に届かず,本来の意味ではない(イ)「「ひきょうな」という意味」と答えた人が7割を超えている。

とのことです。「ひきょうな」という意味だと思っていました。こちらの方が市民権を得つつあるのですが、なかなか興味深いです。

辞書によっては「ひきょうな」という意味も記述されていますね。Yahoo!辞書の大辞泉の項目には次のように書かれています。

◆近年、「その場だけの間に合わせ」であることから、「ひきょうなさま、正々堂々と取り組まないさま」の意で用いられることがある。
文化庁が発表した平成15年度「国語に関する世論調査」では、「姑息な手段」を、「一時しのぎ」の意味で使う人が12.5パーセント、「ひきょうな」の意味で使う人が69.8パーセントという結果が出ている。

三省堂の国語辞典にも記述があります(もちろん「あやまって」と表記されています)。

こういう意味拡張の研究は前々から興味を持っているのですが、腰を据えて取り組むことができませんね……。とりあえず、三省堂国語辞典で「あやまって」という項目に付箋でも貼ろうかと検討中です。

三省堂国語辞典 [単行本] / 見坊 豪紀, 金田一 春彦, 柴田 武, 金田一 京助, 市川...
三省堂国語辞典 [単行本] / 見坊 豪紀, 金田一 春彦, 柴田 武, 金田一 京助, 市川 孝 (編集); 三省堂 (刊)
タグ:辞書 意味
posted by unendedchaos at 10:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 辞書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/226342986
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。