2010年07月12日

OEDインストール不思議な現象

かなり前にAmazonから購入した“Oxford English Dictionary, 2nd Edition, Version 4.0 (Windows & Mac) (CD-ROM)”ですが、今日ようやく開封しました。インストール作業で思いの外苦戦を強いられたのでその記録を残しておきます。今回の件は私のケースであって、万人のケースではないかもしれません。ご了承くださいませ。
# ちなみにOSはWindows 7 Ultimateです。

  • CD-ROMのLabelが逆!?

CD-ROMは2枚ある。だが、Vol.1とかVol.2とか明確には印刷されていないのだ。どっちのCD-ROMを入れればいいんだ(笑)と。でもよくみたら、下記に気がつきました。

9780199563838_l
9780199563838_2

“l”がVol.1ですね。了解です!

ですが、ドライブにCD-ROMを挿入してもインストールできない……。インストールファイルやexeファイルがない。何これ!?できないなら仕方ない。もう一枚の方(Vol.2)を入れてみる。そしたらインストール準備が始まりました(ホッ)。

OKOKとインストール作業を続けました。それで、途中で“Number 2 labelled 〜”を入れろと言ってきたのですが、こっちが2なのに、お茶目なOEDですねと思いながら(笑)。Vol.1を入れる。無事インストールできたかと思えば、こんなメッセージが……。

このプログラムは正しくインストールされなかった可能性があります

ええええ!?ちょっとこれ、私にしては高価な買い物だったのに。。。大丈夫か?とりあえず「このプログラムは正しくインストールされました」をクリックしてみた。

  • 最初だけは認証を行う必要がある

Version.4はインストールすればCD-ROMなしでも認証不要になったのですが、最初だけは認証を行わなければいけません。それで、デスクトップにできたショートカットアイコンをダブルクリックして実行してみた。

  • 認証できません(泣)

2,3度試しましたが、ダメ。Vol.1(=9780199563838_l)の方も試してみましたが、当然ダメ。同じ現象が起きた人がいないかGoogleで調べましたが、いませんでした……。

諦めるか……と思ったその時、インストールされたファイルはどうなってるんだろうと思って、中身を見た。ショートカットのリンク先である“oed.exe”をダブルクリックした(ショートカットではないファイルをクリック)。そしたら起動した!?認証されて無事OEDが起動しました!なんとまああっさりと(笑)その後は、CD-ROMなしで大丈夫です。何だったんだこの現象は!

ちなみに私が購入したのはISBNは9780199563838ですが、オックスフォード大学出版局株式会社から購入する場合、ISBNは9780193955004のようですね。この違いはあるのだろうか!?

とりあえず、無駄な買い物にならなくてよかったです。


Oxford English Dictionary, 2nd Edition, Version 4.0 (Windows & Mac) (CD-ROM)

Oxford English Dictionary, 2nd Edition, Version 4.0 (Windows & Mac) (CD-ROM)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: Oxford Univ Pr (Txt)
  • 発売日: 2009/06/04
  • メディア: CD-ROM



タグ:辞書
posted by unendedchaos at 21:02 | Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 はじめまして。

 この記事が大変参考になりましたので、ひとことお礼を申し上げます。

 私の入手した CD には Install Disc と Data Disc とが印刷されており、その点では苦労しませんでした。お書きになっているとおり、9780199563838_2 のほうが Install Disc でして、この番号づけには首をひねりますね。

 デスクトップ上にできるアイコンからですとうまく認証できないのは仕様のようです。私は最初ディスク不良を疑いました。

 ショートカットからではなくプログラム本体をクリックしても、画面上にはいったん正常にインストールできなかったと表示され、おや? と思っているうちになぜか認証されたので、結果オーライではありますが、ユーザー・インターフェイスは悪いと思います。

 まだインストールしたばかりですが、ソフトウェア自体は使いやすいようですね。まったく便利な世の中になったものです。

 こちらの記事を拝見したおかげであきらめずにすみました。重ねてお礼申し上げます。
Posted by 薄氷堂 at 2010年08月02日 20:12
薄氷堂さま

はじめまして。諦めなくてよかったです(私もですが)。

自分のCD-ROMも確認してみたら、Install Disc と Data Discと書いてありました。何故か気づきませんでした(お恥ずかしい)。

ショートカットができたら、ショートカットの方をまずは試してみますよね。私も不良品かとヒヤヒヤしました。でもまさかあんな仕様だとは思いもよりませんでした。このことは覚えておこう……。

OEDそのものは魅力的なソフトですね。私も使うのはこれからです。
Posted by unendedcahos at 2010年08月06日 22:35
私は今OEDをインストールしようとしているのですが、2枚目のデータのをインストールできません。.d01というファイルを開けません。このファイルをどのように開かれましたか。
 お気づきの点をご教示いただけないでしょうか。
Posted by 徹 at 2011年08月15日 23:26
徹さま

はじめまして。Install Disk と Data Diskをご確認ください。手順は次のような感じです。

(1)Install Disk を入れる(install.exe を起動)
(2)"Please insert disk number 2 labelled Data" というメッセージが出たら、Data Disk(d01が入っているCD)を入れ替えて、OKをクリック。

d01というファイルは開く必要はなく、自動で認識してくれると思うのですが……。

これでインストールはされるはず。読み込みの時間がかかる場合があるかもしれません。ここまでいかがでしょうか?
Posted by unendedcahos at 2011年08月16日 21:25
ご教示ありがとうございます。
ところが、その2枚目のCDを認識しません。
Posted by 徹 at 2011年08月16日 23:32
徹さま

Install Diskのインストールはうまくいっているんですよね?“Please insert disk number 2 labelled Data”のメッセージが出てから、CDを入れても何も認識しないようでしたら、何か別に原因があるかもしれません。ですが、その原因はわかりません(CDやDVDの自動再生OFFは関係ないか……)。お役に立てず申し訳ありません。
Posted by unendedcahos at 2011年08月17日 22:39
初めまして。僕は今OEDを買おうかどうしようか迷っています。院生時代に師匠の梶田優先生に「OEDとイェスペルセンの本が使えないのは大工さんがカンナを使えないのと同じです」と言われて、欲しかったんですが、湯治場25万もしたので諦めました。今はアマゾンで36000円で売っているんですね。僕の専門は形態統語論と意味論ですので、複合語の構造を調べています。よし、来月給料が入ったら買っちゃおう。参考になりました。ありがとうございました。
Posted by 黒川新一 at 2013年11月22日 18:24
黒川さま

はじめまして。そろそろ、OEDの3rdが出てもよさそうですが、まだのようですね。

梶田先生がそのようなことをおっしゃっていたとは……。英語学専攻の人なら使いこなしたいところですよね。

形態統語論と意味論がご専門ですか。複合語の構造は自分にとっても興味深いテーマです。
Posted by unendedcahos at 2013年12月29日 11:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/156165324
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。