2009年09月26日

カリスマエージェント直伝! 履歴書・職務経歴書の書き方

切実に転職を望んでいるという訳ではないのですが、準備だけはしっかりしておこうと考えています。切羽詰まっていないのでリクルートエージェントは利用していませんが、そのサイトに書かれていることを丁寧に実践すれば何も問題ないのでは?というほどしっかりした内容です。特に職務履歴書の書き方など参考になるところが多いですね。現在の職務履歴書はリクルートエージェントのサイトを参考にしました。

それでも一冊ぐらいは転職のマニュアル本を持っておいた方が安心するという理由で、『カリスマエージェント直伝! 履歴書・職務経歴書の書き方』という本を買いました。

カリスマエージェント直伝! 履歴書・職務経歴書の書き方

カリスマエージェント直伝! 履歴書・職務経歴書の書き方

  • 作者: 細井智彦
  • 出版社/メーカー: 高橋書店
  • 発売日: 2008/08/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



この本の著者はリクルートエージェントのキャリアアドバイザーです。サイトと重複するところはありますが、ネットと書籍は別物と考えることにします。手元にあるのはなんだかんだで便利ですし。

以下の「持ち運びできるスキルをアピール」はこれまで意識していませんでした。
前のキャリアと転職先で“使えるもの”と“使えないもの”を照合して、持ち運びできる経験・能力をピックアップしてみることも重要です。これが採用側のニーズとの接点を探す作業にもなるのです。
――p.74

異業種狙いではありませんが、ニッチ産業(一応IT業界)にいる身としてはこの方法を実践すべきと思いました。これまでの経験と転職先で求められる経験で共通しているところ自分で整理する必要がありそうです。共通項目を抜き出すというと、意味拡張の図(Langackerのスキーマ)を思い出しますね。(そういえば認知言語学会は10年目だそうで……)

あとは、「「学んだ」「知っている」は「やってきた」「できる」に」で書かれていることも納得しました。
やってきた」「できる」という“響く”表現が見えてくるはずです。
――p.108

自分がやってきた経験でも今となってはサクサクとできないことも……。職場でできることはたいてい自宅でもできることですので、過去の業務を可能な範囲で復習しておいた方がよさそう。改めてやってみたら新発見があるかもしれませんね。

自分が考えている以上に不況のようなので転職できる気がしないのですが、いつでも動けるようにしておきたいです。後回しにしたツケを近いうちになんとかせねば……。
タグ:転職
posted by unendedchaos at 19:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。