2009年09月22日

三省堂国語辞典

以前の記事で『三省堂国語辞典第6版』を気に入ったと書きましたが、ようやくを購入しました。

電子化されているものがあったら、そちらを利用した方が効率がいいのですが、たまには紙の辞書と付き合ってみるのもいいかもしれませんね。私が気に入った「あやまって」という記述を拾い出していこうと考えているのですが、時間がかかりそう……。最初から見ていってやっと見つけたのが「青田刈り」です。『三省堂国語辞典第6版』をそのまま引用すると次のとおりです。

【青田買い】
〔もと農業用語〕有望な人を、前もって確保すること。会社が、卒業前の学生に採用を約束するなど。〔あやまって、青田刈り〕

「青田刈り」という見出しはありませんでした。

しかしながら他の辞書には見出し語として登録されているものがいくつかありますね。

『広辞苑第5版』には次のとおり、誤用とは示していません。
あおた‐がり【青田刈り】(アヲ‥)
@稲をまだ熟さないうちに刈ること。
A「青田買い」2に同じ。

『明鏡国語辞典』は俗語扱いになっています。
あおた‐がい【青田買い】(アヲタガヒ)
@稲の収穫高を見越して、青田のうちに買うこと。⇔青田売り
A企業が翌年卒業見込みの学生の採用を早々と内定すること。◇俗に「青田刈り」とも。

『大辞泉』にはしっかり誤用と記述されていますね。
あおた‐がり〔あをた‐〕【青田刈(り)】
1 稲が未熟なうちに刈り取ること。
2 「青田買い2」の誤用

『大辞林』は『広辞苑』と同様ですね。
あおたがり[あを―] 0 【青田刈(り)】
[1] 実らないうちに稲を刈り取ること。青刈り。
[2] 「青田買い[2] 」に同じ。

『精選版日本語国語大辞典』が唯一事例を挙げていますね。ずいぶん前から使われているようですね。誤用の表記はありません。
あおたがり【青田刈】
@収穫を急ぐあまり、稲をまだ穂の出ないうちに刈り取ること。
A→あおたがい<青田買>
*時間<1969><黒井千次>―○「青田刈りが常識となり、ひやかし半分で受験要領を受け取りにいった会社に」

ところで、「青田刈り」は誤用なんでしょうが、「刈り取る」を「自分の社員として採用する」と連想もできないことはないかな。でもやっぱり卒業する前に「刈って」どうするんだ?学校を中退させて、そのまま入社させるということなら意味拡張としては納得いきそうです。そんな意味では使われることはありませんけど(笑)。

今回は、他の辞書の方の方がおもしろい記述がありました。「敷居が高い」については三省堂国語辞典のみ誤用の意味が書いてあったので、そういう事例を期待しつつ、この辞書を眺めてみようと思います。ちなみに「役不足」の誤用事例はばっちり載っていました。

下記のコラムはまだ読んでいませんが、これから読んでみるつもりです。

「『三省堂国語辞典』のすすめ」アーカイブ

『三省堂国語辞典』のことを書くつもりが、「青田刈り」の意味比較になってしまいました……。


三省堂国語辞典

三省堂国語辞典

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 三省堂
  • 発売日: 2007/12
  • メディア: 単行本



タグ:辞書
posted by unendedchaos at 19:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 辞書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/128610044
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。