2009年08月15日

日本語大シソーラス+明鏡国語辞典=?!

盆休みの課題は日本語大シソーラスに明鏡国語辞典の語義があったらいいのに……、という試みでしたが、ようやくβ版が完成いたしました。

公式ページにある「→ 「本文」組見本を見る」から「0020 美醜 / 01 美醜」の成果を確認してみます。
# fisrt, secondは分類体系
# thirdは小分類
# contents_subは改行+セミコロンで区切ったものを一単位

pic_090815.jpg


類義語それぞれに対して、明鏡国語辞典の語義を与えてみました。表示イメージとしてはこれでいいんです。講談社の類語大辞典を意識していましたし(本当は語義をさらに分類する必要があるのですが)……。

ですが、マッチングの結果はいまいちです(泣)。中辞典という役割からすると、納得のいくものですが、もうちょっと楽して語彙の比較ができたらなーと思いました(笑)。

認知意味論を勉強したことがある人ならニヤリとする記述があり面白いのですが、泣く泣く(?)収録されない語彙が出てくるところですね。

美醜 醜美 醜麗 妍醜(けんしゅう) 妍蚩(けんし)
このうち、明鏡国語辞典に収録されているのは「美醜」だけでしたが、他の辞書ではどうなっているのでしょうか。手持ちの辞書とWeb辞書で確認してみました。
# 有(多):辞書に登録され、意味記述が分類されている
# 有(単):辞書に登録され、意味記述は分類されていない
# 無:辞書に登録されていない

語彙 広辞苑 岩波国語辞典 精選版日本語大辞典 大辞林 大辞泉
美醜 有(多) 有(単) 有(多) 有(単) 有(単)
醜美 有(単) 有(単) 有(単) 有(単)
醜麗
妍醜 有(単) 有(単)
妍蚩 有(単)


こういう結果が出ると、複数に辞書を参照したいなーという衝動に駆られます(笑)。見出し語に登録されていないものは仕方ないとして、語義を区分している辞書があるというのは興味深いです。

広辞苑では次のような記述でした。
  1. うつくしいこととみにくいこと。よい事物とわるい事物。
  2. 容姿のよいこととわるいこと。また、うつくしい人とみにくい人。
これは一つに集約してもいいじゃないかとも思えますが、形容すべき対象が「容姿」「人」となっているところが考えさせられます(選択制限が具体的でよいという見方)。

大修館様には、『明鏡国語大辞典』を企画してもらえると嬉しいです(笑)。

盆休みの課題はこんな感じですが、自分の語彙のなさにも困っているので、辞書の記述を見ていこうと思います。自分で辞書を編集しつつ、国語力を鍛えたいです。

『理想の国語辞典』のように、いろいろな辞書を比較したいですね。本業ではないので、本格的にはできませんが(泣)。
posted by unendedchaos at 18:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 辞書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/125767426
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。