2013年04月14日

プロの知的生産術 [読了]

仮説思考』、『論点思考』に続き、『プロの知的生産術』も読了です。これでKindle書籍で手に入る内田先生の書籍はすべて読了したことになります。

仮説思考』と『論点思考』を先に読んだのがよかった。両方の思考法もところどころ触れてあったので、確認ができました。仮説思考論点思考はどちらも身につけたいので、形はどうであれ、両思考に触れていきたいと考えています。

本書で著者が伝えたいことは主に4点です。
  1. 情報化時代には情報収集と整理法(インプット)では差がつきにくい。そのため出口すなわちアウトプットで勝負することがカギとなる。
  2. 情報活用の「目的」を明確にすることで必要な情報とその収集方法が決まってくる。
  3. 自分の「立ち位置(ポジション)」を理解する・それによって求められる役割も違ってくるし、必要な情報や活用方法も違ってくる。
  4. それらを理解した上で、自分の「期待役割」、すなわち自分の得意技を身につけ、自分の勝ちパターンを築いていく。

キーワードは「情報」「アウトプット」「目的」「立ち位置」「期待役割」というところですね。中でも「アウトプット」が重要かな。「アウトプット」ができれば苦労はないのですが、このあたりの話は結構書かれているので、参考になります。そのヒントになるのは仮説思考論点思考なわけですが、意識するのとしないのでは差が出ると思いますので、今以上に意識してみようと思います。

ところで、Kindleに「ポピュラーハイライト」という機能があるけど、自分でアンダーラインを引いたところが、ポピュラーハイライトになっていないことも結構あります。もっともポピュラーハイライトを見ると、何故そこにラインを引いたのか納得のいくところが多いですね。この機能は、みんなで読書しているようでいいですね。小中学校時代はどこにアンダーラインを引けばいいのか、不安になっていたことがありました(お世辞にも頭のいい生徒ではなかったので……)。ですが、今となっては気にしすぎていたのかもなと考えています。

ちなみに『プロの知的生産術』でもこんなことが書かれていました。

著者のもっとも言いたいことを私が重要な情報として拾うとは限らない。著者にとってはたいしたことのないことが私にとって重要な情報になることもあれば、ときに、著者の意図と反対のことを頭に入れることもある。

自分自身の目的を見失わなければよいということですね。もっとも学校の授業の場合は、「大事なところ=テストに出るとこ」で人と違うのは目的を見失っていたような気もしますが(苦笑)。

今は4月ということで、新入社員研修をされているところもありますが、この書籍に書いてあることを研修で受けられる新入社員は羨ましいですね。その若さで仮説思考論点思考を意識できるのですから……。私の職場ではそのような研修がないので、こうして読書に励んでいるわけですね。もっとも、仮に研修するぞ!となった場合でも、通常業務が忙しくなるからやりたくない!って思っていたかもしれません。要はやる気のあるうちに、頑張っておくのが大事ですね。幸い今の職場環境でも学べることがたくさんあるので、これまでと視点を変えて業務に励もうかと考えております。

プロの知的生産術 (PHPビジネス新書) [新書] / 内田 和成 (著); PHP研究所 (刊)
プロの知的生産術 (PHPビジネス新書) [新書] / 内田 和成 (著); PHP研究所 (刊)
posted by unendedchaos at 14:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。